展示会で人目を引く装飾とは

category01

展示会で人目を引くための装飾には、いくつかのポイントがあります。


まずはわかりやすいキャッチコピーです。どんなサービスを提供しているのか、どのようなメリットを得られるのかをアピールすることが大事です。

さらに他の製品やサービスとは何が違うのかを伝えることが必要です。

産経ニュース使いやすさが好評です。

さらに数メートル先からも一目で分かるように大きな文字で表示することも大事なポイントです。



次に大切なポイントは、ユーザー目線です。展示会での出展者として目立つ装飾をするのではなく、あくまでもユーザーが求める情報を与えることが必要です。
そこで、パネルには誰もがすぐに理解できるようなウリを表示させることになります。

極力業界用語は避けて、難しい用語や表現は避けるようにします。

展示会のデザインの有益な情報の紹介です。

そして自社の強みとなることを端的に伝えるようにします。このような簡潔なパネル作成が装飾には必要です。

その上で、いかに目立つかを考えることになります。


展示会では多くのブースがあるので、その中で遠くからもすぐに把握できるように工夫することが大事です。大きさや配色などを工夫することで、多くの出展の中でも十分にアピールすることは可能となります。また、その素材やデザインは企業のブランディングを意識することが大事です。


高級感を出すのか、それとも庶民性をアピールするのかは、企業のカラーによって異なります。
自社のブランディングにつながるようなデザインでの装飾を考慮することが大切です。


身に付けよう

category02

展示会の装飾で大切なことは、来場者目線に立つことです。展示会を訪れる来場者は、基本的に何かしらの目的を持っています。...

subpage

展示会の話

category02

展示会の装飾を業者に頼むとき、まず展示会の情報を伝えます。参加する展示会の名称、開催される時期や場所、そしてブースの大きさなどです。...

subpage

初心者向き展示会

category03

展示会の目的を理解していない装飾が多くあることを知っておくことは大事です。派手な演出に音楽や映像は、人を集めることはできても商談につなげる可能性は低いものです。...

subpage

サポート情報

category04

企業が企業に対して物やサービスを提供する会社が展示会を開催する場合、ついブースのデザインについて大会議を行ってしまう傾向にあるものです。こうした傾向にある会社の場合、展示会が終わった後にもデザインの良し悪しについて議論することになり、契約の状況などには一切触れずに終了することが多いです。...

subpage